何となくの社員研修は時間の無駄になってしまう

会社の運営は計画的に行われます。
売上や利益に関する計画や、製品開発や販売方針に関する計画などが立てられるかもしれません。
それ以外に行事ごとなどの計画も立てているでしょう。
毎年4月に新入社員が入社して社員研修を行います。
そして夏から秋ごろにブラッシュアップの研修を行い、1年が経過した時にさらに研修を行うなどです。
この時行われる研修にきちんと目的を持たせていないと、無駄にお金と時間を使うことになりかねません。
イ-ラーニングであればかなりお金と時間の節約ができますが、多くの研修は人をあるところに集めて講師を立てて行います。
目的がきちんと決められていて、かけた時間とコストの元が取れれば良いですが、何となく行っている社員研修ではあまり目的が明確になっていないときがあります。
毎年行っているからと前年の内容の見直しもせずにそのまま行うときもあります。
人が変われば経営環境も変わるので、その時ごとに目的を明確にして行う必要があるでしょう。