社員を資産にしていくための社員研修

経営資源としてヒト、モノ、カネと言われるときがあります。
それぞれ会社の経営には必要で、どれが足りなくても会社の経営が難しくなるでしょう。
モノは製品や工場、技術などが該当するかもしれません。
日々いい製品などが作れるように努力をします。
カネは運営をするために必要になるお金で、あればあるほど経営が行いやすくなります。
そしてヒトはモノを作ったり販売をしたり管理をしたりと経営において重要な役割をしています。
ではヒトはどうやって調達するかですが、求人情報などを出せば一応は応募して来てくれます。
学生を新卒で採用するときもあります。
ただヒトを採用しただけでは人件費が増えるだけで経営資源としてのヒトにはならないでしょう。
社員研修を行ってようやく会社の人材になります。
また経営資源にしていくためにはヒトの価値を高める必要があります。
そのためにも社員研修の活用が必要になります。
社員を資産とし、その資産価値を高めるために研修を行っていきます。