新入社員のスキルアップに欠かせない社員研修

新しく入った社員は、知識はあるものの業務をこなせるだけのスキルは持っていません。
会社の生産性を上げるためにも、新入社員に対してトレーニングを行う必要があります。
このトレーニングのことを社員研修と言い、大手企業では必ず行われています。
社員研修で教える内容としては、言葉遣いや電話の応対といったビジネスマナーがあります。
敬語を始めとしてしっかりとした受け答えが求められるだけに、この段階できちんと教え込んでおくことが大切です。
社員数が少ない場合には仕事を通じて教えていくことも可能ですが、多いのであればまとめて合宿などを開催したほうが良いでしょう。
集中して教え込むことができるため、新入社員全体の能力を短期間で引き上げることができます。
研修の講師を務めるのはすでに会社で働いている上司や先輩ですが、研修サービスに委託する方法もあります。
これならば費用を払うだけで良く、自社から人材を派遣する必要がありません。
会社にとらわれない一般教養が身につくのでおすすめです。

御社の成長を支える人を育てる支援会社「JMAM」

主体性・協調性を兼ね備えた新人研修

新入社員研修の代行は東京の日本能率マネジメントセンター

最新投稿

  • 社員を資産にしていくための社員研修

    経営資源としてヒト、モノ、カネと言われるときがあります。
    それぞれ会社の経営には必要で、どれが …

    続きを読む...

  • 社員研修の中身を確認する事も大事です

    求人情報サイトを活用する事により、就職活動を進める際に、希望する条件に合った求人を中心に情報収集を進 …

    続きを読む...

  • 何となくの社員研修は時間の無駄になってしまう

    会社の運営は計画的に行われます。
    売上や利益に関する計画や、製品開発や販売方針に関する計画など …

    続きを読む...

  • 社員研修で良い結果を残したいのであれば

    これから社員研修をするにあたって、良い結果を残したいなどと感じているのであれば、ひとまずしっかりと仲 …

    続きを読む...

お知らせ